常闇の聖戦:レグナード僧侶の準備

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストⅩのバトル系エンドコンテンツのひとつに”常闇の聖戦”があります。

”常闇の竜レグナード”、”ダークキング”、”海冥主メイヴ”の3体のモンスターが討伐対象となり、すべてのモンスターに挑むためには、バージョン3.5の嵐の領界までストーリーを進める必要があります。
また常闇の聖戦にチャレンジするには”竜牙石”といわれるアイテムを10個準備しなくてはいけません。

常闇の聖戦では”Ⅰ(弱い)~Ⅴ(最強)”までの難易度選択が可能で最高難易度のⅤについては、個々の装備や仲間メンバーの操作スキルなどPT全体としての事前準備が出来ていないと討伐はかなり難しいと思います。

今回はまずバージョン5.0より追加された最強難易度(Ⅴ)を除いた、難易度Ⅰ~Ⅳでの討伐を念頭においたレグナード戦での僧侶の事前準備(宝珠や装備)などについてご紹介したいと思います。

常闇の竜レグナード

テンプレ構成:パラディン、僧侶、魔法使い、魔法使い

僧侶に必要な耐性:ブレス耐性(60%以上)、呪い、マヒ、封印、あれば雷耐性

ブレス耐性についてはレグナード実装当時は60~80%あたりを目安に準備していました。
しかし、カテドラルセットの実装によりブレス耐性100%も可能となりました。ブレスを無効化すると呪い耐性、封印耐性は不要となりますので、好みで準備したい耐性です。

またレグナードが繰り出す攻撃の中で”裁きの雷槌”とゆう厄介な攻撃があります。
周囲へのダメージに加え、マヒ、放電効果があるため、キラポンの維持が必要になると思います。いざとゆう時のためにマヒ耐性は準備しておくと安心です。
あとは出来るだけ”風雷のいんろう”や”ストームタルト”などで”雷耐性”を準備しておきたいところです。

僧侶の装備

(1)アビスセット(賢哲、精霊王セット)
基礎効果にある雷耐性20%を重視した装備で、”風雷のいんろう”、”ストームタルト”との組み合わせで約60%程度のダメージ軽減が期待できます。

(2)カテドラルセット
基礎効果のブレス耐性によりブレス無効化が可能となりますので、選択の一つに加えておきますが、最近ではテンプレ構成でのパラディンの”重さ”が十分に確保され、壁がきちんと成立している状態では壁補助とゆう概念はあまり必要ありません。
パラディンによる壁の成立、壁補助不要とゆう状況では、レグナードに近づく必要がないため、結局のところブレス攻撃を被弾する場面はあまりないと思います。
しかし、ブレス無効とは非常に気持ちのイイもので、ブレス無効化を試したい衝動にかられてしまいます(笑)

僧侶の宝珠

一般的な僧侶系の宝珠でOKです。

・いつくしむ心
・果てなき回復呪文威力アップ
・果てなき聖女の守り
・天使の守りの瞬き
・ベホマラーの瞬き
・ベホマラーの奇跡
・ザオラルの瞬き
・ザオラルの戦域
・ベホイムの瞬き
・ベホイムの奇跡
・復讐系宝珠

レグナード戦での僧侶について

結論:”アビスセット”で雷耐性を強化しつつ、ブレス耐性を80%を目指して装備を整えましょう。

<私が僧侶で準備している耐性>

マヒガード100%(からだ下)
封印ガード100%(頭)
雷耐性55%(セット効果20%、風雷のいんろう29%、宝珠6%)
ブレス耐性82%(盾46%、からだ上36%)

※アクセサリーの一部は未完成です(笑)

コメント