脳内最適化ツール 【X-Mind】活用方法

その他

新型コロナウィルスの影響で自宅で過ごす時間が増えたことにより、プログラミング学習や資格取得、副業などについて色々と情報収集や実際にチャレンジしている方が多いと思います。
たくさんの有益な情報を簡単に入手できる環境は非常に良いことなのですが、あつめた情報を使って、色々な事にチャレンジしすぎる事で、結局方向性が定まらず、何から手をつけて良いのかわからず、混乱してしまう状況に陥っている方もいらっしゃらるのではないでしょうか!

脳内の最適化”マインドマップ”とは

マインドマップとは紙の中央から放射状に書いていくノート術の事です。

マインドマップの特徴は頭の中で考えている事柄を連結して記述する事により、全体像を把握しやすく、自分の思考を”見える化”する事により、考えをきちんと整理することが出来ます。

マインドマップの最適ツール”X-Mind”とは

実際にノートに記述しても構わないのですが、パソコンやスマホ、タブレットにて簡単にマインドマップを作成するツール【X-Mind】を今回、ご紹介します。
この”X-Mind”はいくつかあるマインドマップ作成ツールの中でもダントツに操作性が良く、初心者の方でも簡単に活用できます。
一部有料の項目があるのですが、無料でも十分に効果を発揮できると思います。

X-Mindの使用方法

パソコンでの操作について簡単にご説明したいと思います。
まずはX-Mindのホームページよりソフトを入手してみてください。
ソフトを入手したらまずは起動してみましょう!

メニュー画面の【ファイル→新規】を選択し、自分が作成したい【テンプレート】を選択し【テーマ】を選ぶと早速、マインドマップの作成画面となります。

あとはテキストを入力して、早速マインドマップを作成してみましょう!

・テキストを選択した状態で【Enterキー】で【主トピック】を作成
・テキストを選択した状態で【Tabキー】で【サブトピック】の作成

・画面右側の【アウトライン】で階層を表示
・画面右側の【マーカー】で色々なマーキングを選択
・テーマの変更も画面右側の【テーマ】から簡単に変更可能

 

マインドマップを活用する事で

X-Mindについては少し触ってみると簡単にマインドマップ作成が可能だと思います。
詳しい操作方法については、インナーネット上でわかりやすい解説も多くありますので、時間がある方がググってみて、更に有効に活用してみてください。

色々な事にチャレンジしすぎて方向性がバラバラになり、効率が悪くなった作業などを一度、中断した上でマインドマップを作成、活用する事で、脳内の色々な情報をスッキリとまとめて、脳内を最適化して、再チャレンジして見ては如何でしょうか?
皆さんが効率よく作業や学習を進める為のツールの一つとして活用して頂ければ幸いです。

その他
スポンサーリンク
シェアする
黒ぶちをフォローする
黒ぶちBlog

コメント