ITパスポート試験対策 【経営戦略マネジメント③】

資格取得

ITパスポートの【ストラテジ系】の【経営戦略マネジメント】におけるマーケティング技術について引き続きまとめていきます。

マーケティングにおける重要語句については、ITパスポート試験でも出題頻度の高い内容です。
語句一つ一つをしっかり理解し、関係性なども理解出来るよう学習を進めていきましょう!

経営戦略マネジメントにおける重要語句

マーケティングとは商品などを買ってもらう仕組み作りになります。
現代の企業でが競争を勝ち抜いていく為に非常に重要な項目で、戦略的にマーケティングを行う必要があります。

マーケティングミックスにおける『4P』

売り手の視点からみた『製品(Product)』、『価格(Price)』、『流通(Place)』、『販売促進(Promotion)』です。
全ての英単語の頭文字『P』で始まることから『4P』と呼ばれています。

『4C』

買い手からの視点でみた『顧客にとっての価値(Customer Value)』、『顧客の負担(Customer Cost)』、『利便性(Convenience)』、『コミュニケーション(communication)』を表現したもの。
売り手から見た『4P』を買い手側に転換した概念となります。

RFM分析

優良顧客を見つけるために、顧客の購買行動を分析した手法で次の3つの英語の頭文字をとった用語

①最終購入日(Recency)
②購買頻度(Frequency)
③累計購買金額(Monetary)

上記3つの項目に評価点を設定し、その総合点で優良顧客を選定する手法

オピニオンリーダー

新しく出た商品を比較的早く買い、その感想を友達やSNSなどを使って広める消費者のこと

その他の関連用語

UX(User Experience)

利用者が商品・サービスを利用することで得られる体験

ダイレクトマーケティング

ダイレクトメールや電子メール・電話などを用いて、商品を直接消費者に売ること

セグメントマーケティング

市場を細分化(セグメント化)して、それぞれのセグメントに適したマーケティングを行うこと

オムニチャネル

実店舗とオンラインストアを連携させて商品を提供する考え方

プル戦略

メーカーが広告などで直接、消費者へ訴えかけ、商品を指名買いしてもらうように仕向ける戦略

プッシュ戦略

メーカーが小売業者に対して、商品を積極的に販売してもらうように仕向ける戦略

ITパスポート試験の対策事項(これだけは覚えよう!)

・マーケティングミックスにおける売り手の視点『4P』と買い手の視点『4C』をしっかりと理解し、どちら側の視点からみた手法かをしっかりと答えられるようにしましょう!

・商品などの購入時期による分類『イノベーター理論』は、分類分けによる名称、説明をきちんと理解し、購入時期を基準にしっかりと並び替えられるようにしましょう。

資格取得
スポンサーリンク
シェアする
黒ぶちをフォローする
黒ぶちBlog

コメント