プログラミングスキルの向上【VSCode おすすめショートカット】

プログラミング

今話題のプログラミングを始めるには、パソコンとネット回線があればどこでも可能です。
自分の目的に応じたプログラミング言語を選択し、その言語に応じたプログラミング技術を学ぶ必要があります。
プログラミング学習を始めるうえで必要となってくるテキストエディタ(プログラミング用のコード記述をおこなうエディタ)の代表的なVisual Studio Code(以下VSCode)の効率的な活用方法について、ショートカット機能を中心にご紹介したいと思います。

この記事を読んでもらいたい方

・プログラミング初心者で今、まさに学習を開始した方
・VSCodeを使用している方で、効率良くコーディングを進めたい方
・コーディング作業に少し時間がかかっている方

VSCode(Visual Studio Code)とは

テキストエディタとはパソコン上でソースコードやテキストを編集するソフトウェアで、今回紹介するテキストエディタは、Microsoftが開発しているVSCode(Visual Studio Code)と言われるWindows、Linux、MacOS用のソースコードエディタです。

今回ご紹介する『VSCode』以外にも『Atom(アトム)』、『Brackets(ブラケット)』などテキストエディタはたくさんの種類があります。
テキストエディタには、ソースコードを記述していく上で、効率よく開発を進めることが出来るように、いろいろな機能があります。
使用する方の好みにあったエディタを選択することになると思います。

プログラミング1

VSCodeのオススメポイント

わたしは以前から『VSCode』でのプログラミング学習を行っています。
『VSCode』を選択した一番の理由は拡張性が高く、プログラミングスキルや習得したい技術にあわせて追加する拡張機能の組み合わせで、自分好みにカスタムすることが可能なためです。
また初心者に嬉しい
『入力候補を自動で表示』『デバック機能(エラーの通知)』なども可能となっています。

↓VSCodeに関する記事はコチラ
プログラミング学習 準備編

プログラミング技術を高めるには

プログラミングの技術を高めるには、基礎的な知識はもちろんですが、さまざまなコードを記述しながら、トライ&エラーを繰り返すことで知識を定着することにあると思います。
プログラミング技術の専門書やネットの情報を見るだけでは、プログラミングが上達するには少し時間がかかると思います。

わたしの経験として、コード記述を効率よく作業するには、使用しているテキストエディタに対する知識を高め、上手く活用する必要があると思います。
今回ご紹介する『VSCode』のショートカット機能を覚えることで、コーディングに掛かる時間が短縮されると思いますので、プログラミング学習に是非、役立てて頂きたいと思います。

ショートカットキー

基本操作におけるショートカットキー

主にファイル操作など基本的なショートカットキーをご紹介します。
ショートカットキーに慣れることから始めましょう!
①ファイルを開く
Cmd + O (MacOS) / Ctrl + O (WinOS)
②新しいファイルを開く
Cmd + N (MacOS) / Ctrl + N (WinOS)
③ファイルの保存
Cmd + S (MacOS) / Ctrl + S (WinOS)
④名前を付けてファイルを保存
Shift + Cmd + S (MacOS) / Shift + Ctrl + S (WinOS)
⑤サイドバーの開閉
Cmd + B (MacOS) / Ctrl + B (WinOS)
コード

コーディング作業時におけるショートカットキー

コーディング作業の効率UPがプログラミング学習のスピードを加速させます。
少しずつ使えるショートカットキーを増やしていきましょう。
①選択行の削除
Cmd + Shift + K (MacOS) / Ctrl + Shift + K (WinOS)
②選択行のコピー
Option + Shift + 矢印キー (MacOS) / Alt + Shift + 矢印キー (WinOS)
③選択行をコメント化
Cmd + / (MacOS) / Ctrl + / (WinOS)
コーディング作業

カーソルの移動に関するショートカットキー

カーソル操作がコーディングをスムーズにおこなうコツでもあります。
ショートカットキーを活用し、マウス操作を減らして効率アップを図りましょう!
①文字の先頭へジャンプ
Home (MacOS) / Home (WinOS)
②文字の最後へジャンプ
End (MacOS) / End (WinOS)
③ファイルの先頭へジャンプ
Cmd + Home (MacOS) / Ctrl + Home (WinOS)
④ファイルの最後へジャンプ
Cmd + End (MacOS) / Ctrl + End (WinOS)
⑤指定行への移動
Cmd + G (MacOS) / Ctrl + G (WinOS)
コーディング作業2

ショートカットキーの有効活用について

今回ご紹介したショートカットキーは数多くある中の一例です。
さまざまなショートカットキーを操り、効率の良いコーディング作業が出来るようになるとプログラミングも楽しくなります。
今回の記事が皆さんのプログラミング学習に対する意欲が挫折せずに楽しめるきっかけになれば幸いです。

↓プログラミング学習の参考書についてプログラミング初心者にオススメ書籍

コメント