マイナポイント申請を簡単登録! 【楽天カード編】

節約に関する知識

2020年(令和2年)9月より総務省の『マイナポイント制度』が開始されます。
最近、メディアでの広告などもあり、皆さんも一度は耳にしたことがある制度ではないでしょうか?

『マイナポイント制度』とは『マイナンバーカード』を使って、さまざまな『キャッシュレス決済』と組み合わせることにより、その対象のキャッシュレス決済による利用金額の25%をポイントとして付与され、一人あたり最大5000円分のポイントなどを得ることができる制度です。

この制度は一般的に低いと言われている『マイナンバーカード』の普及率の向上と経済を活性化させる効果を目的とした取り組みとなっています。
私たちのメリットとしては日常的に使用している『キャッシュレス決済』を使用するだけで、5000円分のポイントなどを得られる非常にお得な制度となっています。

楽天カードのクレジット決済と『マイナンバーカード』を使用し、マイナポイントを申請する手順について、今回はご紹介したいと思います。

特にこの記事を読んで頂きたい方は
・楽天経済圏で生活し、楽天ポイントを日常的に活用されている方
・マイナンバーカードを取得している(取得予定)方で、楽天カードを所有している方
・日常的に楽天カードでのクレジット決済を使用している方で、既にマイナンバーカードを取得されている方

マイナポイント制度の申請に必要なもの

・マイナンバーカード
・キャッシュレス決済が可能となるもの(クレジットカードやアプリなど)
・NFC/おサイフケータイなどの機能がついたスマートフォン
・マイナンバー発行時に設定した暗証番号(数字4ケタ)も必要となります。

今回は『マイナンバーカード』、『暗証番号』、『スマートフォン』、『楽天カード』を使用します

マイナポイントを受け取るには

①『マイナンバーカード』と『キャッシュレス決済』の紐付けを実施する。(マイナポイント申し込み)

②2020年9月~2021年3月の対象期間に、登録した『キャッシュレス決済』にて支払(お買い物など)をおこなう。

③『キャッシュレス決済』の利用金額の25%分のポイントを取得する(一人最大5000円分まで)

マイナポイントの申し込みの具体的な方法

今回は『マイナンバーカード』と『楽天カード』でのクレジット決済をスマートフォンを使って申請手続きを行います。

事前準備

・マイナンバーカードを取得する。
・スマートフォンに『楽天カード』、『マイナポイント』アプリをインストールする。

楽天カード

楽天カード
開発元:RAKUTEN CARD,INC.
無料
posted withアプリーチ

マイナポイント

マイナポイント
開発元:総務省自治行政局
無料
posted withアプリーチ

申し込み手順

①マイナポイントのアプリから『マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)』を選択する。


②『マイナポイントの申込』を選択する。

③画面の指示に従って、マイナンバーカードの暗証番号を入力し、『マイナンバーカード』をスマートフォンで読み取る。


④マイナポイントの予約が完了する。

⑤引き続き『クレジット決済の登録』を行う。

⑥決済サービスの選択画面にて検索欄に『楽天カード』と入力し、決済サービス選択欄の『クレジットカード』にチェックを入れる。

⑦検索結果の画面に『楽天カード』が表示されるので、選択する。

⑧画面に従って操作をし、『楽天カード』のアプリにログインして、マイナポイントの登録を完了させる。

以上で、『マイナンバーカード』と『楽天カード』でのクレジット決済の申請手続きは完了です。
時間的には事前準備を済ませておけば、10分程度で作業は完了すると思います。

注意点としては、『マイナンバーカードの暗証番号』を3回連続で間違うと不正防止のロックがかかり、再度、パスワードの再設定などをお住まいの市区町村での手続きが必要となりますので気をつけましょう!
また、一度登録した『キャッシュレス決済』は変更出来ないでの、慎重に選ぶ必要があります。

 

楽天カード以外にもさまざまなキャッシュレス決済に対応しており、さまざまな特典があるようですので、ご自分にあった決済方法を選んでみてください。

マイナポイントの公式ホームページなどに詳しく、マイナポイントの申込やマイナンバーカードの申請についての手順も説明してありますので、特に困ることはないと思います。

マイナポイント事業
「マイナポイント事業」のサイトです。本事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

あとは、2020年9月以降に、マイナポイントに申し込んだクレジット決済でお買い物などをおこない、5000円分のポイントをお得にゲットしましょう!

お使いのスマートフォンに『NFC/おサイフケータイの機能』がない場合やパソコンにて手続きを行う場合は『マイナンバーカードに対応したICカードリーダ』が必要になります。

今回のマイナポイント申請には不要でしたが、私は今後、e-Taxによる確定申告のために必要となるため、ICカードリーダーを購入しました。

USB接続だけで面倒な設定操作は不要で、マイナンバーカードを簡単に読み取ることが出来ました。
『非接触式のカードリーダー』や複数のカードを読み取れる『マルチカードリーダー』などもありますが少し高額ですし、現時点では使用頻度自体は少ないと思いますので、とりあえず購入しておきたい方はこのICカードリーダーで十分だと思います。

今後はICカード化による使用頻度が多くなるかも知れませんし、コストパフォーマンスはとても素晴らしい一品ですので、この機会での購入を検討してみて下さい!!

 

コメント