ITパスポート試験対策 【プロジェクトマネジメント①】

資格取得

ITパスポートの【マネジメント系】の『プロジェクトマネジメント』について学習を進めて行きましょう!

プロジェクト(システム開発)を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。特にプロジェクトマネージャの管理能力によって結果が左右させると言っても過言でありません。

プロジェクトの概要や『3つの制約』を理解し、プロジェクトマネージャのための教科書といわれる『PMBOK』について学ぶ必要があります。

ITパスポート試験では特に『プロジェクトの3つの制約』や『PMBOKの概要や知識』に関する項目が多く出題されますので、しっかりと理解していきましょう。

プロジェクトマネジメントにおける重要語句

プロジェクトとは

期限内に独自のモノやサービスを作るための業務
・機嫌がある(有期性)
・成果物が唯一無二の商品やサービスである(独自性)
一回限りの業務であるが、ITパスポート試験では『システム開発』のことを表現する。

プロジェクトマネージャ

プロジェクトを管理する人で、『作業範囲』、『期限』、『費用』の3つの要素を調整する必要がある。
潜在するリスクを管理した上で、プロジェクトを成功させるべく、決められた期限までに目標を達成させるために行動することが重要な使命である。

プロジェクトの構成要員

プロジェクトメンバー:プロジェクトを成功させるために集められた、専門的知識を持った人員

プロジェクトチーム:プロジェクトマネージャ、メンバを併せて、チームと呼ぶ

プロジェクトの3つの制約

①スコープ(作業範囲)
②スケジュール(期限)
③コスト(費用)

PMBOKとは

プロジェクトマネジメントの体系化された知識で、『プロジェクトマネージャの教科書』
アメリカのプロジェクトマネジメント協会が作成した書籍

プロジェクト憲章

プロジェクトの目的などを記載した文章で、プロジェクトの創始者やスポンサなどが作成する。
プロジェクト憲章でプロジェクトマネージャを任命し、プロジェクトマネージャの責任や権限を明確にする。
権限が与えられることにより、プロジェクトマネージャはプロジェクトを管理・指揮できるようになり、プロジェクトマネージャの権限により資材の購入やメンバの採用などの決断ができるようになる。

PMBOKの10の知識

PMBOKガイドには10種類の知識に分別でき、それらの知識を『10の知識エリア』と呼ぶ

 

ITパスポート試験の対策事項(これだけは覚えよう!)

・プロジェクトの構成要員やプロジェクトマネージャに必要な要素などをしっかり理解しましょう!

・プロジェクトマネージャの教科書と呼ばれる『PMBOK』の概要をしっかりと学ぶ必要があります。

資格取得
スポンサーリンク
シェアする
黒ぶちをフォローする
黒ぶちBlog

コメント