ITパスポート試験対策 【経営戦略マネジメント①】

資格取得

ITパスポートの【ストラテジ系】の【経営戦略マネジメント】についてまとめていきます。

【経営戦略マネジメント】の項目では、企業の経営における基本的なテクニックや手法を学んでいきます。
さまざま用語があり、完璧に覚えるのは難しいとは思いますが、ITパスポートの過去の問題でも多く出題される分野ですので、しっかりと理解をしておきたい項目です。

経営戦略マネジメントにおける重要語句

経営戦略

ライバルである他の企業に勝つための戦い方で、実務レベルに応じて、大きく3つに分類されます。
・企業戦略
・事業戦略
・機能別戦略

企業戦略における『SWOT分析』、『PPM』について

SWOT分析は企業がおかれている経営環境を『強み(Strengths)』、『弱み(Weaknesses)』、『機会(Opportunities)』、『脅威(Threats)』の4つに分類し、自社をとりまく経営環境を把握することが可能となります。
ちなみに各用語の頭文字をつなげると『SWOT』となります。SWOT分析では『内部環境』、『外部環境』にまず分類します。
内部環境:自社の努力で変えられる項目
外部環境:自社ではコントロール出来ない項目次に『内部環境』、『外部環境』が会社にとって『良い影響を及ぼすもの』『悪い影響を及ぼすもの』を判断します。

PPMとは自社の資源を投下すべき商品や、撤退すべき製品を分析するための手法
自社の製品を『花形』、『問題児』、『金のなる木』、『負け犬』の4つに分類して分析を行う。
PPMでは縦軸に『市場成長率』、横軸に『市場占有率』を使用し表現する。

花形

・市場成長率が高い為、競争に勝つために多くの投資が必要となる。
・市場占有率が高い為、大きな利益も発生する。

問題児

・市場成長率が高い為、競争に勝つために多くの投資が必要となる。
・市場占有率が低い為、利益は出にくいが、将来的に成長する可能性はある。

金のなる木

・市場成長率が低い為、追加の投資が不要。
・市場占有率が高い為、非常に大きな利益で出る。しかし、製品の需要が減ると、衰退する可能性がある。

負け犬

・市場成長率が低い為、追加の投資が不要。
・市場占有率も低い為、利益も出にくい。製品の撤退を考える必要がある。

 

ITパスポート試験の対策事項(これだけは覚えよう!)

・SWOT分析を活用する場面はどのような時か?内部環境と外部環境の違いについてしっかりと理解を深めましょう!

・PPMについては『市場成長率』、『市場占有率』において、自社の製品などがどの位置にあるかをしっかりと把握し、今後の方向性を明確にする必要があります。

資格取得
スポンサーリンク
シェアする
黒ぶちをフォローする
黒ぶちBlog

コメント